ごあいさつ

 弊社は大正8年、古田冨蔵が創業した造船所で当時の福岡県戸畑市で主として八幡製鉄所(現新日鉄)の製品及び原料の瀬取りや石炭積出し港で栄えた若松港の石炭の瀬取りに使用した木造艀(はしけ)の建造を業としたのを始めとします。
 戦後の次代の流れに即応して木造船より鋼船に変り、50年代は日本海側の漁船の建造と修理も手掛け、平成に入り海洋土木関連の作業船関係を手掛けてきました。
平成7年に新造船一貫体制の設備をととのえ、建機メーカーとタイアップして北九州港の立地条件も幸して、北は青森、南は沖縄まで全国の作業船及び特殊作業船を多く手掛けてその地盤を確立してきました。
 又近年は造船事業にとどまらず、その技術を生かして鋼構造物分野、又環境分野にも進出を計っているところであります。
 また、中国での建造実績をふまえて中国大連市に現地法人を設立して、多様なニーズに応えられる様に努力いたしております。
 これからも顧客第一と品質向上に努力する所存ですので、よろしくお引き立てお願いいたします。

代表取締役社長
古田 浩