沿革

history

弊造船所は大正8年古田冨蔵が創業したもので、当時の福岡県戸畑市にて
木造船の建造を主体に個人営業したのを始めとする。

 

昭和10年

若松市に移転し営業を続けこの間200屯〜300屯型の木造船を約100隻建造する。

昭和15年 国策による企業合同により(株)共同造船所設立。
昭和19年 日鉄八幡港運会社に接収ー終戦。
昭和23年 現在地に再開
昭和29年 合資会社古田造船所設立 資本金100万円
昭和41年 東洋造船鉄工株式会社に改組する。資本金700万円
昭和49年 造船法許可工場に指定される。
昭和54年 移動式クレーン製造許可工場に指定される。
昭和58年 隣接地5,252㎡買収
平成元年 新造船ブロック製作ヤード完成
平成7年 新造船台を延長し40tクレーンを設置し、レイアウトを一新して一貫体制を整える。
平成16年 ISO9001認証取得。
平成17年 建設業許可を受ける。
平成17年 資本金3,500万円に増資する。
平成17年 (財)北九州産学学術推進機構と自治体焼却炉のライセンス契約。
平成23年 九州大学・ベンチャー企業より受注して、風力発電を手掛ける。
平成23年 北九州市及び同市アジア低炭素化センターの協力により焼却炉熱分解技術を中国市場に展開。
平成23年 大連に現地事務所を設立。